読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャバクラ経営企画TOMのへっぽこ株式投資日記

株を始めたので自分の振り返りに運用や勉強したことを日記に付けていきます。本業はキャバクラ「ラグジュアリーフロア」のweb担。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス (6544)の投資判断

企業概要

 【URL】http://www.jes24.co.jp/
【決算】3月
【設立】1994.10
【上場】2017.3


【特色】関東、北海道軸にエレベーターの保守・保全、リニューアル展開。独立系首位。価格、技術力に強み
【連結事業】保守・保全83、リニューアル17、他0 <16・3>
【反転増】保守・保全の契約台数順調。リニューアルも新規先への積極営業寄与。ただ、人員増響く。配当性向3割メドか。18年3月期も契約台数続伸。東海、関西地区深耕もプラス。本社移転、上場費消え営業益反転増。


【手取り】8億円弱は和光市の技術拠点新設(10月完成)に伴う負債返済に充当。関西開拓に本腰、17年度内に大阪、神戸に営業拠点設置へ。独立系中小業者のM&Aに意欲。


【業種】 設備機器・部品 時価総額順位 ―
仕入先】東芝エレベータ
【販売先】日本ハウズイング
【比較会社】6406 フジテック,6044 三機サビス,4658 日本空調サ
【従業員】<17.1>連922名 単120名(35.5歳)[年]587万円

企業分析

市場

国内エレベーター市場は2012年から横ばい。

しかし、複数のビルを持つビルオーナーの立場でビルごとに異なるメーカーのエレベーターを一括してメンテナンスしてもらえる独立系メンテナンス会社は有難い。

独立系メンテナンス会社のシェアは拡大していく?

f:id:go_tmk:20170420235326p:plain

競合

メーカー系列メンテナンス会社:シェア83.2%

独立系メンテナンス会社 :16.8%(そのうち25%がJESでトップ)

M&Aによって独立系メンテナンス会社を統合できればさらにコスト競争力が高まり、メーカー系メンテナンス会社からの顧客奪取が進められるのでは。

自社

業績 

堅実な売上高成長率。

f:id:go_tmk:20170420003742p:plain

競争優位

低コストでメーカー系と遜色ないサービスを提供できるらしいが、競争優位の根拠がちょっと弱い。

技術力ということなのか。

f:id:go_tmk:20170420230952p:plain

成長戦略

IPOで得た約10億円は、研究開発拠点「JES総合技術センター(仮)」の建設に充てる予定。

未進出地域開拓と、技術力を武器にした海外進出は納得できる。

f:id:go_tmk:20170420231300p:plain

f:id:go_tmk:20170420232628p:plain

株価に影響を与える要因

株価情報

2017年4月25日時点

株価:1,096円

出来高:44600

予測EPS:25

PER:43.84倍

時価総額:106億円

需給

発行済み株式数:10015(千株)

浮動株数:不明

信用買い残:309200株

信用売り残:--

賃借倍率:--

大株主ロックアップ解除日

2017年6月15日(90日間):石田 克史(社長)49.88%、(株)KI 40.31%

2017年9月13日(180日間):ジャパンエレベーターサービス従業員持株会 3.41%

大口売買手口

2017年4月6日にNOMURAINTERNATIONALPLCが「証券業務に係わる商品在庫として保有」として大量保有報告書(5.32%)を提出。

f:id:go_tmk:20170419164314p:plain

f:id:go_tmk:20170419164322p:plain

売買計画

エントリーポイント

1000円の節目ラインで反発するも、上値を切り下げてきているので警戒。

節目ライン:1000円→PER40倍。小ロット打診買い。節目ライン割れで損切り

初値ライン:890円→PER35倍。中ロット。上場来安値870円割れで損切り

公募価格:550円→PER22倍。大ロット。本気買い。

f:id:go_tmk:20170425151156p:plain

【+】フィンテックで話題の仮装通貨ビットコイン(BTC)を買ってみた。2016年12月19日。

株式市場でもフィンテックというテーマが盛り上がり、日本のブロックチェーン本命企業のテックビューロと提携を発表したさくらインターネット(3778)やインフォテリア(3853)の株価が急騰したのは記憶に新しい。

 

インターネット級の変化をもたらすと言われるビットコインを支えるブロックチェーンの可能性を勉強するために、まずはビットコインを購入してみた。

続きを読む

下降トレンドブレイクの高配当、カジノ関連銘柄のSANKYO (6417)を新規買い。2016年12月12日。

SANKYO (6417)

【特色】パチンコ機製造大手。フィーバー台で成長。開発力に定評。フィールズに出資。財務体質優良。


【連結事業】パチンコ機関連72(19)、パチスロ機関連19(19)、補給機器関連9(3)、他1(-102) <16・3>


【営業減益】パチンコ29・8万台(前期29・6万台)、パチスロ8万台(同8万台)と微減計画。主力販売機種は下期に集中予定。次期以降機の開発費や広告宣伝費が増加傾向で営業益は後退。ただ減損特損なくなり、純益は増益に切り返す。150円配継続。


【圧縮策】グループのパチンコ台枠共通化を前期2社から3社に拡大。開発期間や費用管理徹底で研究開発費の膨張に歯止め。

経緯

高配当、カジノ関連銘柄として監視中。

続きを読む

人工知能・IoT関連で急騰したジグソー(JIG-SAW) (3914)を監視。2016年12月12日。

JIG-SAW (3914)

【特色】クラウドやサーバーを対象にした自動監視システムを展開。初期導入費と月額使用料が収益源。


【単独事業】マネジメントサービス100 <15・12>


【順 調】IoTデバイスの組み込み技術を持つモビコム連結。既存の月額課金のシステムマネジメントサービスは順調拡大。新規のIoTデータコトロールサービスは期中大型契約なら表記収益上振れ。17年12月期も既存事業軸に伸長。営業益拡大。


【人 材】事業拡大には業務の自動化で対応。人材採用は中途ではなく新卒中心。来年度6人。IoT関連事業は商談続く。

経緯

過去の急騰銘柄として監視中。

続きを読む

業績回復の東芝テック (6588)を監視。2016年12月12日。

東芝テック (6588)

【特色】POSなど流通端末で国内シェア5割、12年IBM事業譲受で世界首位に。海外主体に複合機も。


【連結事業】リテールソリューション61(-4)、プリンティングソリューション39(6)【海外】62 <16・3>


【急改善】プリンティングは新製品投入が遅れ低調。ただPOSが国内の流通や飲食店向けに伸長。人件費や研究開発費の削減も効き営業益急改善。減損特損減る。繰延税金資産取り崩しもなく最終黒字。無配か。


【育 成】POSとプリンティング両方の保守メンテができる人員を育成し、注力中のサービス事業の効率化図る。非接触型リーダーは物流や製造業向けに販売強化。。

経緯

業績回復銘柄として監視中。

続きを読む

シンクロ・フード (3963)を監視。2016年12月12日。

シンクロ・フード (3963)

事業内容は「主力サイトである『飲食店.COM』を中心とした飲食店出店・開業者及び飲食店運営者と、飲食店に関わる各事業者とを繋ぐメディアプラットフォームの運営」。

経緯

新興のグロース銘柄として監視中。

2016年12月6日に飲食店の出店開業・運営に役立つサービスをワンストップで提供する「飲食店.COM」において、新サービス「飲食M&A」を開始したと発表し、8%高の上昇。

続きを読む

アークン(3927)の初動を監視。2016年12月12日。

アークン(3927)

【特色】情報セキュリティサービスの開発・販売企業。ウイルス対策とPC業務管理に保守も手掛ける。


【単独事業】アンチマルウェア及び業務管理関連78、業務管理サーバー12、Webデータベース関連8、他2 <16・3>


【一転減益】PC業務管理はマイナンバー対策で伸びる。ウイルス対策は通信向けOEM寄与だが、顧客情報窃取による受注減が想定超。一転営業減益。会社計画はやや楽観的。情報対策引当金繰入特損消える。


【対 策】金銭要求を伴うバラまき型サイバー攻撃へ対応するためイスラエル企業と提携、中小事業者を開拓。当社ウイルス対策利用先へ、マイナンバー対策の販促急ぐ。

経緯

新興のグロース銘柄として監視中。

続きを読む