キャバクラ経営企画TOMのへっぽこ株式投資日記

キャバクラ経営企画TOMのへっぽこ株式投資日記

株を始めたので自分の振り返りに運用や勉強したことを日記に付けていきます。本業はキャバクラ「ラグジュアリーフロア」のweb担。

【急騰銘柄研究】11ヶ月で10倍の急騰、アエリア(3758)。2017年8月7日。

11ヶ月で10倍の急騰。

2016年8月30日の初動日終値380円から2017年7月4日には3730円。

初動と材料

初動:8月30日

材料:角川ゲームスとの共同事業第1弾「STARLY GIRLS」を発表

 アエリア<3758>が後場に入って急伸し、ストップ高まで買われている。同社はきょう、角川ゲームス(東京都渋谷区)との共同事業第1弾となるiOSおよびAndroid向け次世代育成シミュレーションゲーム「STARLY GIRLS-Episode Starsia-」を発表。16年内の国内サービス開始を目指すとしており、期待感が高まるかたちとなっているようだ。

https://kabutan.jp/stock/news?code=3758&b=n201608300343

第二波:2月2日

材料:スマホゲーム「A3!」配信5日で100万DL突破

急反発。一時1552円まで上昇する場面があった。連結子会社であるリベル・エンタテインメントのスマートフォン向けゲーム「A3!(エースリー)」について、2月1日に100万ダウンロード(DL)を突破したと発表している。1月27日にiOS/Android両OSで配信開始しており、5日目での大台突破となる。なお、前日は16年12月期業績の下方修正などが嫌気され、ストップ安まで売られていた。

https://kabutan.jp/stock/news?code=3758&b=n201702020402

ファンダメンタルズ

【特色】決済やデータセンターなどITサービスが柱。スマホゲームは女性向けニッチ分野に軸足
【連結事業】コンテンツ34(-91)、ITサービス66(8) <16・12>
【黒字幅拡大】買収で売上高8億円弱上乗せ。オンラインコンテンツは女性向けゲームアプリ『A3!』が想定以上に好調。夏場の新作投入も寄与。ITサービスは情報商材が堅調。人件費等削減に加え前期ののれん償却約15億円剥落効く。営業黒字幅拡大。
【買 収】簡易株式交換でアリスマティックを完全子会社化、ゲームアプリの製品群強化。連続赤字で継続前提に重要事象。

PSR:1.06倍

16年12月期売上高予測59億円に対して、初動時の時価総額63億円と割安水準。

直近の売上高成長率が年率50%程度と凄まじい伸び。

f:id:go_tmk:20170807142313p:plain

チャート推移

初動時

初動から4か月間もみ合い後にゲーム配信IRで本格上昇開始。

f:id:go_tmk:20170807145921p:plain

上昇開始

本格上昇開始から5ヶ月で5倍の急騰を見せる。

最高値更新日の出来高が少なく、その後非開示だった業績見通しを上期経常は135倍増益と発表するも大幅下落。

f:id:go_tmk:20170807150023p:plain

その後の進捗

 

テンバガー 大化け株・サイクル投資術

【急騰銘柄研究】3ヶ月で6倍、enish(3667)。2017年8月4日。

3ヶ月で6倍の急騰。

2017年4月17日の初動日終値634円から7月20日には3760円。

初動と材料

初動:4月17日

材料:特段材料無し。ゲーム関連人気に乗るも需給相場

enish<3667>がストップ高でカイ気配に張り付く人気となっている。同社はスマートフォン向けゲームを手掛け、直近のゲーム関連株人気に乗っている。市場では「直接的な材料は出ていないもようだが、乙女ゲーム関連として投機資金の注目度は高く、時価総額が50億円強の小型株で値動きの速さに着目したデイトレの物色ターゲットとなっている」(国内大手ネット証券)という。業績低迷が続き機関投資家保有していないことも戻り売り圧力の乏しさにつながっている。ただ、空売りを誘いながら踏み上げる需給先行の相場であることは否めない。「店内の動向を見る限り、超短期筋による回転売買が実態」(同)としており、反動安のリスクも指摘されている。

https://kabutan.jp/stock/news?code=3667&b=n201704180335

第二波:6月1日

材料:東証が信用規制解除

5月31日、東証が1日売買分からenish <3667> に対する信用取引の臨時措置(委託保証金率を70%以上[うち現金40%以上]とする)を解除すると発表したことが買い材料

日証金も増担保金徴収措置の解除を発表しており、信用規制の解除により、資金流入の活発化を期待する買いが向かった。株価は年初来高値を更新した。

https://kabutan.jp/stock/news?code=3667&b=n201706010154

第三波:6月26日

材料:欅坂46初公式ゲームアプリ制作決定

enish<3667>がカイ気配スタートとなっている。この日の寄り前に、アイドルグループ「欅坂46」初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」の制作を決定し、17年内に配信を開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

「欅坂46」は、秋元康氏が総合プロデュースし、「乃木坂46」に続く「坂道シリーズ」第2弾として、15年8月21日に結成されたアイドルグループ。なお、同ゲームアプリの詳細については、後日発表するとしている。

https://kabutan.jp/stock/news?code=3667&b=n201706260150

ツイッターでの煽り

倍々銘柄のパナ、ウルフ村田といった有名アカウントが秋元康銘柄としてツイッターで買い煽り。

ファンダメンタルズ

【特色】ソーシャルアプリの企画・開発・運営会社。経営シミュレーションゲームが柱。女性向けに強い
【単独事業】ソーシャルアプリ100 <16・12>
【水面下】ブラウザゲームの主力2タイトルは根強く堅調。育成中のファッションレンタルは後半から寄与見込むが、スマホゲームで好調な前期リリースタイトルの大規模アップデートあり広告宣伝費重い。
【ゲーム周辺】女性向け軸に3年後メドにゲーム以外の売上構成約2割へ。今上期に新規の非ゲーム事業発表予定。月額課金の婚活アプリ4月投入。継続前提に重要事象。

PSR:0.9倍

17年12月期売上高予測51億円に対して、初動時の時価総額49億円と割安水準。

f:id:go_tmk:20170804174144p:plain

チャート推移

初動時

初動から高値圏で8日間もみ合い一段高してさらに3週間ほどもみ合い。

f:id:go_tmk:20170804180633p:plain

上昇開始

6月25日にゲームアプリ配信を発表すると2日連続S高。

7月24日にゲーム内容を発表してみると、ただのパズルゲームだったこともあり、失望感から売られて、2週間ほどで最高値から半値近くまで下落。

f:id:go_tmk:20170804180814p:plain

その後の進捗

 

テンバガー 大化け株・サイクル投資術

【急騰銘柄研究】3ヶ月で9倍、夢展望(3185)。2017年8月4日。

3ヶ月で9倍の急騰。

2017年3月31日の初動日終値275円から7月4日には2500円。

初動と材料

初動:3月31日

材料:筆頭株主のRIZAPが買い増しを発表

30日、夢展望 <3185> [東証M]が、筆頭株主のRIZAPグループ <2928> [札証A]が同社株を追加取得すると発表したことが刺激材料となっている。

RIZAPは30日付で同社会長の岡隆宏氏から26万5200株を取得。これにより議決権ベースの保有比率は73.54%→78.54%に上昇する。発表を受けて、需給思惑などから買いが先行しているようだ。

https://kabutan.jp/stock/news?code=3185&b=n201703310229

第二波:5月16日

材料:18年3月期の黒字化見通しや株式分割

ストップ高買い気配。17年3月期決算を発表している。営業損益は1.54億円の赤字(前期は3.24億円の赤字)となり、おおむね従来予想(1.60億円の赤字)どおりで着地した。18年3月期からは国際財務報告基準IFRS)を任意適用し、営業損益については7.80億円の黒字を見込んでいる。また、1株につき2株の割合で株式分割を実施することや、株主優待制度を導入することもあわせて発表しており、材料視されているようだ。

https://kabutan.jp/stock/news?code=3185&b=n201705160345

ファンダメンタルズ

【特色】10~30代女性向けの衣料品ネット販売。スマホに強み。業績悪化でRIZAPグループ傘下に
【連結事業】衣料品販売57(1)、玩具・雑貨販売23(2)、実店舗4(-17)、卸売12(5)、他3(98) <17・3>
【急浮上】IFRS移行。4月末の宝飾会社買収で推定売上10億円(利益僅少)上乗せ、一過性の債権評価益5・6億円は営業益押し上げ要因に。衣料品にマガシークなど新サイト追加効果。コンサルなど新事業も上乗せ。黒字化。ただ会社計画やや過大。
【挑 戦】相互送客などで相乗効果発現、買収宝飾会社の早期黒字化狙う。6月末基準日で株式2分割。継続前提に重要事象。

PSR:0.9倍

17年3月期売上高予測31億円に対して、初動時の時価総額29億円と割安水準。

売上高は大幅な増収予測。

f:id:go_tmk:20170804170827p:plain

チャート推移

初動時

初動の連続S高から急落も、前回高値をサポートに反発。

f:id:go_tmk:20170804171040p:plain

上昇開始

反発から再度調整するも5月15日の決算発表を受けてS高連発し、初動の高値をブレイク。

RIZAP関連相場で第二波の高値をブレイクするも、初動、第二波の出来高は超えられず、2500円を天井に1ヵ月で株価は半額に。

f:id:go_tmk:20170804171329p:plain

その後の進捗

 

テンバガー 大化け株・サイクル投資術

【急騰銘柄研究】6ヶ月で5倍、北の達人コーポレーション(2930)。2017年8月1日。

6ヶ月で5倍の急騰。

2017年1月16日の初動日終値298円から7月24日には1370円。

初動と材料

初動:1月16日

材料:決算発表。新商品群高水準で第3四半期は2ケタ増益

北の達人コーポレーション<2930>が大幅反発。前週末13日の取引終了後に発表した第3四半期累計(16年3~11月)単独決算が、売上高19億2800万円(前年同期比15.1%増)、営業利益3億4100万円(同13.2%増)、純利益2億2200万円(同18.8%増)と2ケタ営業増益となったことが好感されている。

既存商品が着実に売り上げを伸ばしたことに加えて、利益率の良い新商品群の売り上げが高水準だったことが寄与した。

北の達人が大幅反発、新商品群高水準で第3四半期は2ケタ増益 | 株探ニュース

第二波:1月23日

材料:株主優待の拡充を発表

同社は健康美容食品や化粧品のネット通販会社で、株主優待制度を毎年2月末日に実施している。昨年はくすみ用洗顔「二十年ほいっぷ」(定価2,037円(税込))の同社製品だったが、変更後は、毛穴集中対策スリーピングパック「CARE NANO PACK-ケアナノパック-」(定価4,776円(税込))の同社製品が株主優待品として対象の株主に贈呈される。

北の達人コーポレーション---株主優待の拡充を発表 | 株探ニュース

ファンダメンタルズ

【特色】健康美容食品や化粧品のネット通販会社。オリゴ糖を原料とする『カイテキオリゴ』が主力商品
【単独事業】Eコマース100 <17・2>
【続 伸】主力のカイテキオリゴが引き続き堅調。前々期投入の目元クリームも成長。新商品は前期(8)並み投入。目元クリーム以降の新商品群の粗利率高く、人件費増など吸収。連続最高益。配当性向30%目安。
【機能性表示】ポリフェノール含有商品が初めて届け出受理。さらにオリゴなど3商品を届け出予定。15年末開始の台湾向けは年商1億円弱ペース、損益均衡圏に改善。

PSR:1.9倍

売上高予測30億円に対して、初動時の時価総額59億円と割安水準。

売上高成長率は年率20%程度を維持。

f:id:go_tmk:20170801180728p:plain

チャート推移

初動時

好決算の初動からほどなく第二波。

高値圏で約1ヵ月半のもみ合い後、特段の材料なくS高で高値更新。

f:id:go_tmk:20170801180933p:plain

上昇開始

3月6日材料無しS高から4月3日の1ヵ月で株価は364円→957円まで2.6倍急騰。

その後7月14日まで3ヶ月半もみ合いを続けるが、決算発表で高値更新。

f:id:go_tmk:20170801181031p:plain

その後の進捗

 

テンバガー 大化け株・サイクル投資術

【急騰銘柄研究】6ヶ月で6倍のアイケイ(2772)、初動からの株価推移。2017年7月31日。

6ヶ月で6倍の急騰。

2017年1月13日の初動日始値1040円から7月28日には6230円。

初動と材料

初動:1月13日

材料:今期経常を50%上方修正・5期ぶり最高益更新へ

アイケイ <2722> [JQ] が1月13日午前(10:30)に決算を発表。17年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経常利益は前年同期比4.9倍の2億円に急拡大し、従来予想の1.1億円を上回って着地。
併せて、通期の同利益を従来予想の3億円→4.5億円(前期は1.8億円)に50.0%上方修正し、増益率が64.8%増→2.5倍に拡大し、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

https://kabutan.jp/stock/news?code=2722&b=k201701130001

ファンダメンタルズ

【特色】カタログ通販会社で生協向けに強み。テレビ通販プライムダイレクト、韓国化粧品店も併営
【連結事業】メーカーベンダー91(2)、SKINFOOD7(3)、ITソリューション2(-15) <16・5>
【続 伸】18年5月期も主力のメーカーベンダー事業は食品鈍調でも化粧品がネット販売や道頓堀のインバウンドショップ含む外需を軸に伸びる。店舗網再構築の韓国化粧品店も順調。前期に縮小均衡のITソリューションも黒字化。営業益続伸。増配か。
【拡 充】韓国化粧品店は日本限定商品など商材拡充。株主還元は純資産配当率2・5%から配当性向20%メドへ方針変更。

PSR:0.17倍

売上高予測152億円に対して、初動時の時価総額26億円とかなりの割安水準。

f:id:go_tmk:20170731234416p:plain

チャート推移

初動時

初動から高値圏で約1ヵ月もみ合い後、特段の材料なくもみ合いレンジ切り上げ。

f:id:go_tmk:20170731234314p:plain

上昇開始

決算発表後は一旦押すも、すぐに反転上昇。

f:id:go_tmk:20170731234335p:plain

その後の進捗

 

テンバガー 大化け株・サイクル投資術

【急騰銘柄研究】3ヶ月で11倍、ASJ(2351)の初動からの株価推移。2017年7月31日。

3ヶ月で11倍の急騰。

2017年4月13日に付けた最安値336円から7月11日には3700円。

初動と材料

初動:5月8日

材料:経産省「IT導入支援事業者」認定

後場ストップ高まで急伸。経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」における「IT導入支援事業者」に認定されたと発表している。当該支援事業者に認定されたことにより、同社の補助金対象サービスを新規で導入する場合、顧客は最大100万円の補助金を受けることができる。同社ではクラウドグループウェア「HotBiz」等の同社サービスを導入する顧客に対し、当該制度を活用した導入支援を行うという。

https://kabutan.jp/stock/news?code=2351&b=n201705080381

第二波:5月17日

材料:新技術の論文がIEEEに承認

ASJ<2351>がストップ高。午後1時30分ごろ、「ランダムネットワークコーディング」に関する新技術の論文がIEEE(国際電子技術者学会)に承認されたと発表しており、これを好感した買いが入っている。

同論文は、同社グループの米現地法人ASUSA CorporationのCEOで工学博士の西田博史氏とオレゴン州立大学で共同研究していたもの。クラウドサービスを構築するために利用される主流のストレージサーバと比較して大幅な高速化を実現可能とし、ハードウエア容量を最大3分の1にする画期的な技術としている。

https://kabutan.jp/stock/news?code=2351&b=n201705170355

ファンダメンタルズ

【特色】サーバーホスティング業界中堅。ネット予約・決済、ブラウザ野球ゲーム等に進出。M&A注力
【連結事業】ネットサービス100 <17・3>
【再浮上】決済代行は柱の商議所向け簿記検定受付システムが着実増。前期先送りされたERP子会社の大型案件一部計上を見込む。ただ年0・4億円弱ののれん負担重荷。営業益再度浮上だが、水準物足りず。
【簿記検定】受付システムは期末導入商議所数300超(前期末225、シェア44%)狙う。18年春新卒採用5人(今春1人)確保へ全力。クラウド新サービスの開発加速化。

PSR:1.36倍

売上高予測25億円に対して、初動時の時価総額34億円と割安水準。

f:id:go_tmk:20170731232402p:plain

チャート推移

初動時

材料を受けて急騰するも一旦全戻し。

f:id:go_tmk:20170731194338p:plain

上昇開始

新技術の論文承認を受けて、翌日から3日寄らずのS高。

5月末~6月末まで1ヶ月間、高値圏でのもみ合いを続けた後、上放れしてレンジ変え。

f:id:go_tmk:20170731194301p:plain

その後の進捗

 

テンバガー 大化け株・サイクル投資術

東京に油田を見つけた企業、リファインバース(6531)に関する投資判断。2017年7月15日

企業概要

【URL】http://www.r-inverse.com/

【上場】2016.7

【特色】産業廃棄物処理と再生樹脂製造販売が柱、首都圏で展開。タイルカーペットの再資源化が強み

【連結事業】再生樹脂製造販売35(0)、産業廃棄物処理65(17) <16・6>

【新設効果】産業廃棄物処理、再生樹脂(塩ビ)とも好伸。が、開発費の前倒しで増益幅縮小。税効果。18年6月期は新工場稼働に伴い再生樹脂が伸長。再生ナイロンと製鋼副資材の新製品も寄与。償却増こなす。

【再 編】新工場(千葉県富津市)の7月稼働に向け、生産子会社を新設。既存工場(同県八千代市)は閉鎖方向で、八千代生産子会社は廃棄物処理等の子会社に吸収合併。

【業種】 他産業サービス・製品 時価総額順位 120/203社

【販売先】住友商事

【比較会社】2195 アミタHD,7947 エフピコ,9793 ダイセキ

【本社】103-0013東京都中央区日本橋人形町3-10-1 TEL03-5643-7890

【工場】千葉県八千代市大和田新田672-4

【従業員】<17.3>連129名 単38名(43.4歳)[年]426万円

続きを読む